『騒音屋が行く!』

Apr/2018 Back <<< 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 >>> Next
音響カプラ?

「今日は何の日」と言うラジオを聞いていたら1993年の4月30日はWWW(World Wide Web)初公開の日だそうです。

それで思い出したのが、写真の音響カプラ(音響と言っても別分野ですが…)、国内の会社や家庭では電話回線にモデムをつなげてデジタルデータをアナログデータとして電話線でやり取りしていたのですが、海外では、モジュラージャックが無いホテルもあったので、そう言うときは電話機に直接FM変調を掛けたデジタルデータ(0・1の連続)を音としてやり取りしていたのです。
そう言えば、パソコン(まだマイコンと言っていた?)の外部記憶装置も、FM変調を掛けた音をカセットテープに録音したもので、電源を入れるとまずOSをRAMに書き込んでいた気がするな?

インターネットと言う言葉はあったけど、まだ実験的に使われていた時代で、パソコン通信と言われていたテキストベースのやりとりしかできない時代でした。
それがこの年を境にモザイクと言うブラウザが公開され、画像までを含めた今のホームページが出来たのです。それは画期的な事でした!

僕がはじめて海外でホームページをアップしたのは1997年の夏、ドイツのベルリン、現地のホームセンターでモジュラーコードをわざわざ買って、モデムでの通信を試みたのですが、うまく繋がらず結局予備に持って行った音響カプラを使ってアップしたのが最初です。
ヒューレットパッカードの200LXと言う小さなコンピュータを持って行ったのです。(若い人は知らないだろうな?)

しかし、まだこの頃はパソコン通信が主流のテキストベースの時代、それから25年、映像が瞬時にアップできるなんて考えられない時代でした。日本ではNECの98シリーズが全盛、IBMPCが国際規格になりかけていた時代でした。それからWindows95、XP、Windows7、8、10・・・、機械はどんどん小型化して、タブレット・スマホの全盛となってiPhone、android・・・
まさに技術の進化は長い間の積み重ねで出来ているのですが、使う人間は積み重ねるのが苦手?、最近は無精になってこのブログも半分は音声入力で済ませてしまう時代。小さなキーボードで一生懸命やる方が脳が活性化して、年寄りには良い気がするな…?

- : comments (565) : trackback (0)
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 440 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。